天皇の即位の日

きょうの予定

令和元日

平成は大変お世話になりました。
令和もよろしくお願いします。

ATOK 2017
[「きょう」の変換候補 @ ATOK 2017]
Microsoft IME
[「きょう」の変換候補 @ Microsoft IME]
Google 日本語入力
[「きょう」の変換候補 @ Google 日本語入力]

新元号が一ヶ月前に発表されたにもかかわらず、この対応状況の差。

この記事へのコメント

Re: 令和元日 by B    2019/05/02 (木) 04:09
今は特に元号対応してなくても、なんとも・・。
Re: 令和元日 by ARAK@管理人     2019/05/02 (木) 07:36
Microsoft は新元号対応のアップデートを配信してるし、
Google は平成最後も令和元日も Doodle 作ってたのに、
どっちも詰めが甘いな〜と

movie ピンポン

2002 年公開の映画。 職場の後輩が先週「卓球映画といったら『ピンポン』ですよ」と言ってたのを思い出して、Amazon プライムビデオで観た。

一昨年に観た『ミックス。』よりもスポ根みが強いストーリー。 自分では絶対にやりたくない鍛え方だが、王道のこのノリは嫌いじゃない。 試合中の動きが大げさに見えるのは、もしかすると原作がこういう勢いなのかもしれない。 これはこれで良き。

劇中に登場する名言が『ミックス。』よりはるかに多い気がする。 「この星の一等賞になりたいの、卓球で俺は。」とか聞き覚えあるんだよなあ。 予告動画の冒頭で流れるみたいだけれど、当時そんなに映画館に足を運んでなかったハズだから、TV CM で観たのかなあ。

今でも大活躍してるたくさんの個性的な俳優が (若き姿で) 出演しててオモシロかった。

国民の休日

10 連休 6 日目

午前中は大気の状態が不安定で、天気が急変してポケ GO ウォーキング中に傘を差す必要があったけれど、午後は一転、暖かい空気に入れ替わった。 天気予報によるとしばらく陽気が続くようだから、例年通りゴールデンウィーク中に東京タワーのハイボールガーデンに行けそうだな。

そんなこんなで、大型連休の折返し地点を通過した。 今回のゴールデンウィークは月初前後に休むお店があったり福袋を売り出すお店があったりと、さながら年末年始のような状況。 わたしも年末年始と同じく近所のスーパーより遠くへ出掛けない日は完全にオフと決め込み、ひげ剃りすら怠る体たらくっぷりだが、めざましテレビが通常通り放送されるおかげで曜日感覚を失わずに済んでる。 年末年始と違ってゴミ収集が通常通り実施されてるので、曜日が大事。 まぁわかんなくなっても「OK Google, きょうは何曜日?」と喋れば律儀に「きょうは木曜日です」と返ってくるけれども。

さて、あすからは予定が詰まってるから、普段の休日の生活に戻らなきゃだな。 まじ令和。

憲法記念日

movie アベンジャーズ / エンドゲーム (IMAX 3D 版)

4/26 (金) に公開された作品。 109 シネマズ二子玉川で IMAX 3D 版を観てきた。

わたしはマーベル作品に関してはにわかで、最近だとシビル・ウォー / キャプテン・アメリカデッドプールデッドプール 2 あたりを観た記憶しかないが、普段冴えない人が正義のヒーローになる作品は基本的に好きなのである。 本作『アベンジャーズ / エンドゲーム』はこれまでのストーリーを詳しく把握しておいたほうがより共感できるとは思うが、断片的にしか知らないわたしでも楽しめた。 涙が出るかどうかは共感の度合い次第。

どう楽しめたのか具体的に書きたいところだけれど、『アベンジャーズ / エンドゲーム』といえば先行試写会の参加者に敷かれた箝口令が最高レベルだったとかネタバレ自粛の声明文が発表されてるとか、さらには香港の映画館でネタバレを叫んだ人がフルボッコにされたなんて話まであるので、だまっておきたい。 気になる方は、ぜひ劇場へ。

ネタバレしない範囲で言えることとしては、トイレは計画的にね! 3 時間の長編だよ!

movie 名探偵ピカチュウ

きょう公開された作品。 109 シネマズ二子玉川で観てきた。 アメリカでは 5/10 (金) 公開だが、日本ではきょう先行公開という扱いらしい。

わたしはポケモン GO 以外でポケモンに関する知識はほとんどなく、ポケモン GO で遊びながらポケモンの動きや技の名前を見て感覚的に知ってる程度なので、劇中のポケモンを見て習性や特徴を理解するのがなかなか楽しかった。

ピカチュウに関しては海外の予告編映像を紹介したときにも書いたとおり毛並みが気になるのに加えて表情が豊かで、シリアスなシーンではつぶらな瞳に似合わない眉間のしわと渋い声で笑いそうになるレベル。 『ピクセル』の CG より随分マトモな CG といえよう。 ていうか、予想に反してやけに本格的な CG だなぁ w 少なくとも B 級ではなかった w

ポケモン GO のベースとなったゲーム Ingress がテレビアニメ化された『INGRESS THE ANIMATION』を観たときに抱いた感想と同じく、ゲーム中の設定を改変せずに 1 作品として完成させてるのはスゴい。 最終的な解決方法だけ急に雑に見えて力尽きた感がなくもないが、SF 作品ではよくある脚本の締め方だし、なんなら『アベンジャーズ / エンドゲーム』だって…… (おや、誰か来たようだ)

みどりの日

live music 小倉唯 LIVE TOUR 2019 「Step Apple」 千葉公演 2 日目 (千秋楽)

幕張メッセ イベントホールで開催された小倉唯 LIVE TOUR 2019 「Step Apple」の千葉公演 2 日目 (千秋楽) に参加してきた。 12 時開場、13 時開演という時間は、昼夜とかで 1 日に複数公演やるならともかく、1 日 1 公演だと珍しい早さ。

開演から 1 時間くらい経ったところで「ここから後半戦、まだまだ声出せますか〜!!」的な煽りがあって、メドレー形式で歌ったりし始めたので、これはもうあっという間にラストになるいつものパターンかな〜と思いきや、そこから結構歌う歌う。 ホントに前半戦と同じくらいの時間歌ってから「なんと残り 2 曲となってしまいました」。 ここらへんで、きょうはがっつり歌ってくれる日だと確信した。 やったぜ。

その後のアンコールではアリーナ席にトロッコが登場。 きょうの座席はアリーナ席の後方ブロックの通路から 2 列目だったため、結構近い距離を通って行った。 さらにダブルアンコールがあり、最後には 4 人のダンサーひとりひとりにコメントを求めるという無茶振りまで見られて、計 23 曲たっぷり披露されたライブによりツアーの幕が閉じた。 きょうの様子は収録されてるのに MC でちょくちょく噛んでしまい、小倉唯が編集点だと言い張る箇所が複数あったが、ちゃんと希望通りカットされるかは映像化されるまで不明 w

今年のこれまでのライブの中では満足度 3 位かなぁ。 元日の内田真礼の武道館ライブの 1 位は揺るがず。 きょうのライブがもう少し前の座席 & 生バンド演奏だったら 2 位にはなったかも? いや、うっちーには勝てないか?

□ 小倉唯ライブツアー2019「Step Apple」が幕張メッセ公演で完結。白雪姫をモチーフに全23曲をパフォーマンス | moca-モカ-
https://moca-news.net/article/20190505/2019050500000b_/01/

15 分押しの開演から終演まで 3 時間。 新品の電池を入れた大閃光ブレード 300 を使ってたにもかかわらず、2 時間半を過ぎたあたりで電池切れ警告が始まったのは想定外だった。 商品説明によると「連続発光約 4 から 6 時間 (色の使用状況により異なります)」。 ブレードも電池も予備があるから問題はないのだけれど、いま入れてる電池がハズレなのか、ピンク色が電池大食いなのか、いずれにせよこの時間で警告されるのは心許ない。

TOKYO TOWER HIGHBALL GARDEN

毎年恒例の。

□ 東京タワーの真下で乾杯!「HIGHBALL GARDEN」&「ROOFTOP ジンギスカン」! | 東京タワー TokyoTower
https://www.tokyotower.co.jp/event/attraction-event/highball-garden2019/

[TOKYO TOWER HIGHBALL GARDEN ゲート with 東京タワー]

数量限定の鉄板焼きは残ってたのに数量限定じゃないチーズ盛合せが売切れっていう納得いかない状況だったのと、午後曇天だったせいで少しひんやりしてたのもあって、あまり遅くならないうちに解散するなど。 もう少し気温が上がってから再度だな。

こどもの日

anime event 『五等分の花嫁』スペシャル・イベント ライブビューイング

『五等分の花嫁』スペシャル・イベントの夜の部のライブビューイングを TOHO シネマズ日比谷で観てきた。 座席は最前列のほぼ中央だったが、映画館の最前列って…… w

ちなみにイベント自体は、TOHO シネマズ日比谷がある東京ミッドタウン日比谷から徒歩数分で行ける「よみうりホール」で開催された。 きょう 5 月 5 日は、作中の 5 つ子の誕生日である。

登壇したのは、メインキャストの松岡禎丞、花澤香菜、竹達彩奈、伊藤美来、佐倉綾音、水瀬いのりと、ライブパートに内田彩。 司会はお笑いコンビ天津の向清太朗だった。 花澤香菜と竹達彩奈はベテラン同士の連携を見せ、佐倉綾音と水瀬いのりはイチャイチャし、松岡禎丞はもう少しいじってほしそうな様子で、伊藤美来は美貌がスクリーンに映えてた。 朗読劇 (無茶振り大会?) でのやり取りを観ながら、ハマり役のキャスト陣だなぁと改めて思うなど。

予想通り第 2 期制作決定が発表されて、2 時間のイベントは無事終了。 ライブビューイングは全国主要エリアで実施され、3,000 人以上が観たもよう。 おそらくイベントの応募倍率がとんでもないことになり、急きょライブビューイングをやることになったんじゃないかな。 物販がイベント会場だけでなくライブビューイング会場 (映画館) や通販でも実施されるという本気っぷりから察するに、ポニキャンでは (久々の) ヒット作として取り扱っていそう。 2 期のアニメもイベントも楽しみ。

振替休日

10 連休 10 日目 (千秋楽)

年末年始感がパない今回の超大型連休もついにファイナル。

何か年末年始らしいことをしよう (←?)、ということで、水回りの大掃除をやや軽めに実行した。 具体的には、バスタブを磨いたり、便座・便器を磨いたり。 そもそも 4 ヶ月前バタバタしてた本来の年末年始って、きちんと大掃除をした記録も記憶もないんだよなぁ、なんて……。

積みコンテンツの消化そっちのけで radiko のタイムシフトを聴いたりニコニコ動画を徘徊したりしてたところ、 fhána のボーカル towana が鷲崎健のヨルナイト×ヨルナイトに出演して歌ったシーンのまとめ動画を見つけてしまい、関連動画を含めて観てたら半日がつぶれた。

ふたりとも肩の力を抜いてゆるくセッションしてるだけなのに、耳がとてもシアワセ。 うまいなぁ。 プロだなぁ。 いい演奏だなぁ。 いい歌声だなぁ。 カバーアルバムが出たら即買うし、カバーライブがあったら全力で参加するんだけどなぁ〜。 ヨナヨナの towana 歌パートがわっしーの笑い声ノーカットで CD 化されたとしても即買うまである。

『名探偵ピカチュウ』の実写化成功の背景

5/03 (金) に観た際に予想に反してやけに本格的な CG だった、少なくとも B 級ではなかったと評した『名探偵ピカチュウ』について、興味深い記事を発見。

□ 『名探偵ピカチュウ』はなぜポケモン実写化に成功したのか ─ 監督、ソニック再デザインは「厳しい状況になった」と危惧 | THE RIVER
https://theriver.jp/pikachu-live-action-adaptation/

ピカチュウにふさふさの毛を生やしたのは「ただの黄色い風船みたいになっちゃう」事態を避けるためで、カビゴンにも同様に毛並みを与えたのは「プラスチックみたいなカビゴンはリアルじゃない」ためだ。

ふうむ……。 それともうひとつ。

□ 【インタビュー】なぜピカチュウはふさふさ、もふもふなのか ─ 『名探偵ピカチュウ』ロブ・レターマン監督に訊く | THE RIVER
https://theriver.jp/pikachu-rob-interview/

「ポケモンを実写化するなら、どうすればリアルなものになるか。 そのまま映像化しては、プラスチックのような質感になってしまいます。 プラスチックみたいなカビゴンはリアルじゃない。 だから、現実に存在する質感を当てはめてみるところから始めました。 動物、植物、鉱石など、自然界由来の質感で検討したんです。

それから、(日本語で)”可愛い”というのも重要でした。 ポケモンを可愛くしたかったので、ピカチュウは”ふさふさ”に。 もしも毛がなかったら、ただの黄色い風船みたいになっちゃう。」

そもそも実在しないものに対して「リアル」とは? ってカンジだが、実際に絶妙な映像に仕上がってるのは間違いない。 子ども向けと決めつけずに、ぜひ大人も観に行ってほしい作品。

令和初仕事

きょうからクールビズでノーネクタイ。 ジャケットは迷いつつ、きょうは着用してみた。

仕事は特に休みボケもなく。 思い返してみれば昨年の年末年始は 13 連休だったし、その前の夏期休暇は 10 連休だったんだよな。 その 1 年前の夏期休暇は 9 連休だったし、さらにその 1 年前の夏期休暇は 9.5 連休だった。 わたしにとって 10 連休前後は珍しくないまである。

最寄駅前のドラッグストアが 100m ほど移転した。 店内が広くなってイイ感じだが、リニューアルオープンに合わせて入荷する商品が変わったようで、とりあえずきょうは今までと同じボックスティッシュが見つからなくてどれを買うか悩んだ。 家に常備しとくボックスティッシュはクリネックス派なんだけどなあ。 高すぎず安すぎず、同価格帯の中ではしっかり良質で、最後の 1 枚まできっちり出てくるやつ。

安定した天気の一日

きょうは晴れて一気に気温が上がると聞いて、ジャケットなしで出勤。 南風がやや強くても、帰り道のポケ GO ウォーキング中は腕まくりして快適だった。

AQUOS R3 が発表された。 フルリニューアルされたカメラ、120Hz が帰ってきた Pro IGZO 液晶、メモリ 6G バイトにストレージ 128G バイト、ステレオスピーカー、ワイヤレス給電など、いま使ってる AQUOS R2 と比べてしっかり進化が感じられる。 ただ個人的にそろそろ応援の意味も込めて Xperia に戻ってみようかと考えてるので、今のところは Xperia 1 の国内正式発表待ち。 あとあれだよね、AQUOS R2 の発表は Google の Pixel 3a / Pixel 3a XLNest Hub / Nest Hub Max の発表とかぶらない日にやれば良かったのにね……。

令和仕事 3 日目

あす出勤すれば休みか。 休みボケとか五月病とか無縁のつもりだけれど、大型連休明けが 5 連勤じゃないというのは純粋に嬉しい。

週一で更新される連載「ロードマップでわかる! 当世プロセッサー事情」の最新記事「第 509 回 シリコンバレー誕生の地で起業した HP 業界に多大な影響を与えた現存メーカー」を読み始めたところ、書き出しがこんな記載になってた:

 IBMに続いてお届けする「業界に多大な影響を与えた現存メーカー」はHPことHewlett Packardである。 正式にはHewlett-Packard Companyで、2015年にはHP Inc.とHPE(Hewlett Packard Enterprise)の2社に分裂してしまっているが、これは最後に補足することにする。

 ちなみにIBMの次にインテルを予測していた方も多いと思うが、これは同業の福田昭氏が「福田昭のデバイス通信」の中で、インテルの歴史を1年ごとに振り返る(しかもどうかするとある1年が前後編などに分かれてるので、おそらくあと数年は終わらない)という連載を昨年末からスタートされているので、こちらにお任せすることにした。

ここにさらっと「おそらくあと数年は終わらない」などと書かれてるのだけれど、「第 1 回 Core 2 から Core i7 へ 最新インテル CPU ロードマップ」という記事を 2009/05/21 に公開してからいまだに連載を続けてる人に書かれると重みが違うなっていう……。 ともあれ、どっちの連載も読み応えバッチリでオススメ。

□ ASCII.jp:ロードマップでわかる!当世プロセッサー事情
https://ascii.jp/elem/000/000/420/420986/
□ 福田昭のデバイス通信 - EE Times Japan
https://eetimes.jp/ee/series/1760/
□ AMD50年史 起業から現在までの功績を振り返る(前編) (1/7) | AMD HEROES
https://amd-heroes.jp/article/2019/04/0161/
□ AMD50年史 起業から現在までの功績を振り返る(後編) (1/6) | AMD HEROES
https://amd-heroes.jp/article/2019/04/0162/

職場のお疲れさま会 & 壮行会

わたしの所属部署から別部署の厄介な案件の手伝いに行ってしばらく社外に常駐してたメンバーが今月やっと社内に帰ってきた、と思ったら部署異動とのことで、お疲れさま会 & 壮行会。 ……壮行するつもりだったけれど、異動先でやる予定だった業務は契約がとれなかったらしく、それだったら戻ってきてほしいなあ。

いつもよく行く飲み屋で、前回自由注文にしたら上司の想定よりも高かったとのことで、今回は最安のコースメニューだった。 飲み放題ということと値段を考慮すれば不満はないな。 値段とメニューの設定が絶妙。

この記事へのコメント

Re: 職場のお疲れさま会 & 壮行会 by b    2019/05/11 (土) 06:20
まぁその分、マスターにまた奢ってもらおう。連れてきたよといえばだなw
Re: 職場のお疲れさま会 & 壮行会 by ARAK@管理人     2019/05/11 (土) 23:05
今回は端数を切ってもらったり隠しメニューを出してもらったりしなかったから大丈夫でしょうw