風がまったく涼しくない……

きょうはもともと曇天で気温は高いという天気予報だったが、実際には日差しがそこそこあり、朝も昼もなかなかの暑さに。 日没後も、雲のせいで放射冷却が起きなくて気温が高いうえ、風がまったく涼しくなかった。 来週からしばらく猛暑日 & 熱帯夜の日々が続きそう。 ぐぬぬ。

左手の親指を濡らした時とかになんか少し滲みるなーと思って見てみたところ、指の真ん中あたりに切り傷の跡があった。

[左手親指]

指先ならまだしも、何をどうやったらこの位置だけ切れるんだろう? しかも切れた瞬間の自覚なし。 謎だ。

梅雨明け

きょうは久々の在宅勤務。 朝、最寄り駅まで行って電車に乗るんじゃなくて、最寄り駅前のまいばすけっとまで行って一日分の食料品を買って帰ってくる、というのを久々にやった。

で、朝の帰宅後しばらく汗が止まらず。 きのうまでの梅雨空はどこへやら、朝からあっついぞ! などと思っていたら、梅雨明けだそうで。

🟦 関東甲信・東海が梅雨明け 平年よりも短い梅雨に 気象庁発表 - ウェザーニュース
https://weathernews.jp/s/topics/202407/180115/

そしてここから先の 1 ヶ月間は、一年の中で最も暑い時期なのに、1 ヶ月予報によると「平年より気温が高い見込み」なんだとか。

🟦 1か月予報 猛暑の盛夏到来 夏休みスタートと同時に危険な暑さが続く 熱中症警戒(気象予報士 石榑 亜紀子 2024年07月18日) - 日本気象協会 tenki.jp
https://tenki.jp/forecaster/gureweather/2024/07/18/29632.html

すでにこの先1週間、九州から関東を中心に猛暑日が続く予想ですが、さらに2週間先も「10年に一度レベルの高温」となる可能性があります。夏休みのスタートと同時に危険な暑さが続くでしょう。

地球沸騰化の影響、なんにもいいことないなあ。

うなぎ!

土用丑の日から 1 週間前倒しで。 ファミマのエコ割 30 円引きのおむすび。

[ごちむすび 炭火焼うなぎ]

今回の土用丑の日はこれでいいか。 ……いややっぱり物足りないな w

4 連休最終日

例によってイベント翌日の予定休にしたところ、今回は 4 連休になった。 念のため言っとくけど、 Amazon プライムデーに合わせて休んだわけではないよ!

午後はぐずついた空模様になり、夕方には結構まとまった雨が 1〜2 時間ほど降った。 こんな雨がきのう降らなくてホントよかった。 会場内で傘は使用禁止だったので、ひどい雨だとレインコートの上だけじゃなくて下も必須なのはもちろん、頭や顔が濡れないようにフードをかぶると湿気でメガネが曇るだろうし、そもそも大雨だとメガネの有無に関係なく視界が確保できなくて公演が中止になった可能性まである。

そういえば自転車通学だった高校生の頃、小雨くらいならレインコートを着て乗ってたが、メガネが曇らないようにフードを外してたなー。 頭も顔もメガネも濡れるけれど、曇るよりはマシっていうね。

海の日

live music TOMORI KUSUNOKI SUMMER LIVE 2024 -ツキノミチカケ- 【東京公演】

日比谷公園大音楽堂 (日比谷野音) で開催された楠木ともりの「TOMORI KUSUNOKI SUMMER LIVE 2024 -ツキノミチカケ-」東京公演に参加してきた。

梅雨シーズンに屋外ステージの野音という選択、しかもきょうは天気予報の傘マークが最後まで消えなかったうえ、ライブ開演直前にスマホへ雨雲接近通知が届いたのも気づいたが、結果としてレインコートの出番なし。 ともりる本人が雨女なのに対し、マネージャーが晴れ女なんだそうで、きょうはマネージャーに感謝である。

きょうのライブは 2 時間弱で終了。 今回は、わたしの目の前の人も左前・右前の人も背が高くて、ステージが観づらかったのが個人的に残念ポイントかなあ。 段差のある座席でこういう状況に陥るのは珍しい。 あと、ともりるのライブで銀テープが発射されるのは想定外だった (回収済)。

分厚い雲に覆われて、ツキノミチカケというサブタイトルなのに月がまったく見えなかったのは惜しかったが、ムシムシしてたものの風が吹けば涼しくて、野音にしては快適なライブだったなー。 きょうが野音ライブ初参加だったという人たち、いつもはこんなに快適じゃないぞ? なおセミは 19 時ごろまで騒がしかった。 きょう発表された次の新しいライブは屋内らしいので安心!