Linux なんだ結局 RHEL が使いやすくなるのか

□ Red Hatがエンタープライズ向けLinux「RHEL」の無償利用条件を拡大 - GIGAZINE
https://gigazine.net/news/20210121-redhat-no-cost-rhel/

Red Hatは2020年12月、サーバー用途で広く利用されていた「CentOS Linux」の開発終了を発表しました。 「Linux開発の歩調をIT業界の成長に合わせる」ための決定でしたが、無償で利用できる「RHEL互換のLinux」を失う発表にコミュニティは強く反発し、AlmaLinuxやRocky LinuxといったCentOS代替OSが登場することとなりました。

そうしたRed Hat系のLinuxディストリビューションを取り巻く状況の中、Red HatはRed Hat Developer Program上でRHELを無償で利用できる条件を拡大すると発表しました。 これまで無償利用の条件は1ユーザー、1台、ソフトウェア開発用途のみに限定されていましたが、今後は最大16台まで本番環境で利用できるようになります。

CentOS がなくなると CentOS 代替 OS が乱立する予感がしてイヤだなぁと思ってたのだが、この無償利用条件の拡大により、今まで CentOS を使ってた場面がある程度 RHEL でカバーできることになりそうでひと安心。

ま、最近は大手クラウド各社がそれぞれ自前で Linux を用意してサポートしてるから、「CentOS を使ってた場面」そのものがだいぶ減ってきてはいるけれども。

マルチディスプレイ環境のリモートデスクトップの罠

今の業務の在宅勤務時時に使うリモートアクセスのシステムは、端的に言えば Windows のリモートデスクトップ。 接続元の PC (自宅の PC) と接続先の PC (職場の PC) でマルチディスプレイの配置設定 *1 を完全に一致させないと、いろいろ面倒な事になるようだ。

先週の設定
  • 接続元: 左がフル HD のノート PC 内蔵ディスプレイ (メイン)、右がフル HD のテレビ (サブ)
    [ディスプレイ設定 (1)]
  • 接続先: 左が WQHD のディスプレイ (メイン)、右がフル HD のディスプレイ (サブ)
    [ディスプレイ設定 (2)]
おとといの設定
  • 接続元: 左が WQHD のディスプレイ (サブ)、右がフル HD のノート PC 内蔵ディスプレイ (メイン)
    [ディスプレイ設定 (3)]
  • 接続先: 左が WQHD のディスプレイ (メイン)、右がフル HD のディスプレイ (サブ)
    [ディスプレイ設定 (2)]
きのうは出社したついでに接続先の設定変更
  • 変更後: 左が WQHD のディスプレイ (サブ)、右がフル HD のディスプレイ (メイン)
    [ディスプレイ設定 (4)]
きょうの設定
  • 接続元: 左が WQHD のディスプレイ (サブ)、右がフル HD のノート PC 内蔵ディスプレイ (メイン)
    [ディスプレイ設定 (3)]
  • 接続先: 左が WQHD のディスプレイ (サブ)、右がフル HD のディスプレイ (メイン)
    [ディスプレイ設定 (4)]

おととい自宅で左の画面に表示してたウィンドウは、きのう出社したら完全に画面外 (左側) にすっ飛んでた。 そこできのうメインとサブを入れ替える設定をして、すべてまるっと解決したつもりだったわけだが、きょう接続してみたら左の画面のウィンドウがすべて上に 180 ドットくらいずれて、一部のウィンドウは上にはみ出してた。 ウィンドウの位置ってメインディスプレイが起点になるんだな。 そりゃそうか。

ちなみに、メインディスプレイを右にしたままメインタスクバーを左に持って行った場合、タスクバーにピン留めしたアイコンとタスクバーの通知領域は左に移る。 アクションセンターやアプリの通知は引き続き右に表示される。 ここまでは想定通り。 しかし、Windows キーを押すと右のスタートメニューが開くのはなぜなんだろう。 左のメインタスクバーのほうが反応しそうなものなのに。


*1: 接続先の PC の設定というか、厳密には、現地で (ローカルで) PC にサインインした際の設定。 リモートからは変えられない。

phone QUICPay 登録変更

1 年前にクレカ整理計画が誤算だらけな件と嘆いた際、セゾン QUICPay を申し込んでセゾンカードを QUICPay 用にしたが、先週その登録を解除して、Google Pay で同カードを QUICPay 用に登録し直した。 すなわち、セゾン QUICPay から Google Pay の QUICPay へ乗り替えた。

きっかけは以下の情報:

□ セゾンカード・UCカードがGoogle Payへ対応、キャッシュバックキャンペーンも - ケータイ Watch
https://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1299663.html

セゾン QUICPay は昔ながらの各社共通の QUICPay プラットフォームに乗っかってるようで、フィーチャーフォン時代に作られた Web サイトを強引にスマホ対応にしたっぽい QUICPay ポータルサイト経由で各種手続きをする必要がある。 「おサイフケータイ Web プラグイン」の仕様なのかもしれないが、FeliCa の情報にアクセスする操作をするたびにブラウザのタブが増えていく感じで、とにかく使い勝手が悪い。 それに比べて Google Pay はイマドキの UI で、ずいぶん使いやすい。

あと Google Pay の場合、Google Pay アプリを起動すればすぐに QUICPay の取引履歴が確認できる (支払い金額が分かる) というのも使いやすい。 これだけでも Google Pay へ乗り替える価値がある。 少なくともわたしは乗り替えて正解だった。

なお、スマホをかざして QUICPay が反応した時に「かざしました」という通知 *1 が表示されるのみで、通知だけでは支払い金額が分からないという点では、セゾン QUICPay も Google Pay の QUICPay も同じ。 nanaco だと支払い金額と残高が表示されるし、モバイル Suica だとさらに入場や出場といった情報もあわせて表示されるのだけれど、QUICPay は登録方法にかかわらず一律表示されない仕様なのかもしれない。

セゾン QUICPay と Google Pay それぞれの具体的な操作方法や注意点などは以下のブログが分かりやすかった。

□ セゾンQUICPay申込からアプリ設定,GooglePayとの切り換え方法など | 白いひまわり
https://siroi-himawari.com/saisonquicpay/


*1: かざした時の通知表示は「おサイフケータイアプリ」の機能である。

Suica 定期券払戻し

しばらく在宅勤務が続くから定期券は期間次第では解約したほうがトクかもしれないな、と気づいてモバイル Suica を確認してみると、今の定期券は使用開始日 2020/11/14 の 6 ヶ月定期。

先週の 1/13 から在宅勤務に移行したので、その日に気づいて手続きをしておけば 4 ヶ月分が戻ってきたはずだが、きょう普通に手続きをすれば 3 ヶ月分が戻ってくることになる。 普通に手続きをすれば、ね。

ここで思い出すべきは「新型コロナウイルス発生に伴う定期乗車券の払いもどしの特例」。

□ 新型コロナウイルス感染拡大に伴う定期乗車券・普通回数乗車券の取扱いについて [PDF]
https://www.jreast.co.jp/ass/pdf/20200518corona_teiki.pdf

モバイル Suica の場合、問合せフォームから使用最終日を申告すればいいらしい。 さっそく申告したところ 30 分も経たないうちに案内 (メール返信) が来て、使用最終日を 1/12 とみなして払い戻す手続きができた。

改めて定期券を発行するのはいつになることやら。

予想以上に捗った

おととい試してうまくいった埃をかぶった古いディスプレイの活用法により、きょうは在宅勤務が予想以上に捗った。 職場と同じウィンドウ配置にできるメリットは大きいな。 慣れの問題だとは思うけれども。

今の業務は在宅勤務の際に Ubuntu ベースの専用システムを起動してリモートアクセスする必要があり、こういうシステムは基本的にインテル系の企業向け PC の構成に最適化されてるんだなぁということを、ひしひしと感じている。 旧ノート PC はインテル Core i7-8550U にインテル UHD グラフィックス 620 という構成の DELL 製で、特に苦労せずに専用システムが快適に使えたのに対し、今の AMD Ryzen 7 4700U に AMD Radeon RX Vega 7 という構成の ASUS 製ノート PC はひと手間かかる。 具体的にはこんな手間:

  • AMD Radeon RX Vega 7 を認識させるために、Linux カーネルに以下のブートオプションを付ける
    amdgpu.exp_hw_support=1
    
  • 内蔵ディスプレイがたまにちらつくのが気になるって? こまけぇこたぁいいんだよ!!
  • ホットキーで内蔵ディスプレイの輝度調整ができない (バーは表示されるけれど反映されない) ので、xrandr コマンドで明るさを変える
    # 内蔵ディスプレイの明るさを 60% にする場合
    xrandr --output eDP --brightness 0.6
    
  • キーボードバックライトの明るさはホットキーで調整可能だが、再起動するたび消灯に戻ってしまうので、ホットキーを押すのが面倒なら以下のコマンドを仕込んでおく
    # キーボードバックライトの明るさを 1 にする場合
    sudo sh -c 'echo 1 > "/sys/class/leds/asus::kbd_backlight/brightness"'
    
    # キーボードバックライトの明るさを最大にする場合
    sudo sh -c 'cat "/sys/class/leds/asus::kbd_backlight/max_brightness" > "/sys/class/leds/asus::kbd_backlight/brightness"'
    
  • Windows 上で設定した Battery Health Charging は無視されてバッテリーが 100% まで充電されてしまうので、上限を制限したければ以下のコマンドを打ち込む
    # バッテリー充電の上限を 60% に制限するマックスライフモード相当にする場合
    sudo sh -c 'echo 60 > /sys/class/power_supply/BAT0/charge_control_end_threshold'
    

最初の 3 つは GPU 絡みの話だから、今後のバージョンで AMD Radeon RX Vega 7 が正式サポートされれば解消するだろう。 exp_hw_support=1 って「Enable experimental hw support」だもんな。

キーボードバックライトとか Battery Health Charging とかは、ASUS の場合は Windows からのソフトウェア制御により実現してるようなので、Windows 以外で工夫が必要なのはやむを得ない気がする。 DELL の場合は BIOS にも設定項目があって、Windows を起動しなくてもちゃんと制御されるようになってた。 ま、今のところ ASUS + AMD でもこの程度で済んでるから無問題。

event anime music 俺ガイル Fes. -FINAL- (生配信)

イープラスの Streaming+ で生配信された『俺ガイル Fes. -FINAL-』を鑑賞した。 イベントは恒例の習志野文化ホールで開催され、現地参加組もいたが、わたしは気楽なオンラインで。

現地参加組は発声禁止をはじめとする様々な制限事項や注意事項を強いられたとしても空気を肌で感じて楽しめただろうし、オンラインは生配信中にもチャットで会話できて楽しめた。 開演するまでチャットの発言の大半が「やっはろー」だったのは想定の範囲内。

俺ガイルは原作を全巻読破し、アニメも『俺ガイル。完』の最終話まで観届けた作品である。 イベントについては、ディファ有明の『総武高校文化祭 2013』習志野文化ホールの『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 -続- Fes.』は現地参加、同じく習志野文化ホールの『俺ガイル Fes. 2019』はライブ・ビューイングで観た。 コロナ禍じゃなければ、今回の FINAL もライブ・ビューイングだった可能性あるな。

きょうの登壇者は江口拓也 (比企谷八幡役)、早見沙織 (雪ノ下雪乃役)、東山奈央 (由比ヶ浜結衣役)、佐倉綾音 (一色いろは役)、小松未可子 (戸塚彩加役)、中原麻衣 (雪ノ下陽乃役)、堀井茶渡 (戸部翔役 & MC 担当) と、原作者の渡航 (渡航役)。 1st イベントぶりの人もいる。 ライブパートではオープニングテーマ担当の やなぎなぎ も。 なおここにいない悠木碧 (比企谷小町役) は FGO のイベントに出席してたようで。

トークパートで喋りすぎて尺が足りなくなったらしく、ぼっち王決定戦のコーナーがカットされたのはちょっと残念。 キャスト陣がそれぞれ自身の演じたキャラクター宛に書いた手紙を読み上げるコーナーはグッジョブだった。 このアニメは中の人たちのキャラ理解度が高くて、愛がとても感じられるので、アツい思いを何時間でも聞いていられる。 終盤はキャスト陣が感極まって言葉詰まらせてた。 そしてやっぱり、相変わらず原作者が前に出過ぎなんだよなあ w イベントに毎回登壇して人前で歌うラノベ作者なんて、ほかに見たことない。

トークパートとライブパートの間の CM パート (?) で原作者の口から新プロジェクト『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。結』が発表されたが、今のところプロジェクト名以外の情報なし。 完結の「結」か、はたまた由比ヶ浜結衣の「結」か。 既に発表済みの新作ゲームではないとすると、新作映画か? If ルートのスピンオフ作品か? 期待して待っておこう。 原作者わたりん、サボってないで仕事しろよ! w

この記事へのコメント

Re: 俺ガイル Fes. -FINAL- (生配信) by b    2021/01/18 (月) 03:07
新俺ガイル(BD付属分の6冊分)は結構量があるので、ゲームのOVAじゃ終わらんと思うので、
ゲームのやつはプロモーション?的なものになっていて、本編を結でやるんだろうなーと。
Re: 俺ガイル Fes. -FINAL- (生配信) by ARAK@管理人     2021/01/18 (月) 06:26
イベント上映じゃなくて普通の映画で前編後編とかの構成になればいいなー