movie 21 ブリッジ

きのう公開された作品。 109 シネマズ二子玉川で観てきた。

んー。 ちょっと期待ハズレだったかなぁ、設定も脚本も演出も。 テレビドラマなら全然 OK な内容だけれど、映画ならあと 1、2 歩ずつ踏み込んでほしい感じ。 製作が『アベンジャーズ』シリーズのアンソニー・ルッソ & ジョー・ルッソ兄弟監督と聞いて、過度な期待をしてしまっただけか?

本編 100 分という長さはちょうど良かったと思うので、起承転結の時間のバランスが悪かったのかもしれない。 あと主人公補正が強すぎたのかもしれない。 キャスティングに関しては、悪役も黒幕も登場した瞬間にほぼ一目瞭然で、これはまぁ良いとも悪いとも何ともいえないところである。

ところで、109 シネマズのポイントの件。 今回は通常上映のため先月 9 ポイントになったのを減らすチャンスだったが、毎月 10 日はムビチケよりも安い 1,200 円で観れる 109 シネマズの日であり、こんな日にポイントを利用するのはもったいない。 今回も利用を見送った結果、10 ポイントの大台に突入してしまった。 今のところ近日中に観る予定の作品は 10 日や 19 日 (ポイント会員感謝の日)、1 日 (ファーストデイ) (いずれも 1,200 円) に観たり舞台挨拶を観たりすることはないはずで、今度こそポイントを……。

さむっ

先週までの暖かさが行方不明になった今週、しかも北風が強いきょう、よりによって出社日。 コートもマフラーもなしの夏スーツで挑んでみた。 残業で帰宅が 22 時過ぎになり、気温 10 ℃の中 3m/s の北西の風に吹かれたから体感温度は 7 ℃くらいだろうか。 これは寒い。

例年なら「花冷え」という言葉がしっくりくる時期だが、早くもすっかり葉桜と化してしまった今年は、そんな言葉に風情を感じることもできない。 ただひたすら寒いだけ。

今週の冷え込みは週間天気予報で把握してたものの、どうせしばらく在宅勤務が続くから冬物はもういいだろうと、夏スーツへの衣替えを済ませた先週のうちにクリーニングまで済ませちゃったんだよね。 1 週間早かったな。

Suica と Visa の改札タッチの速度差

□ 「Suica」と「Visaのタッチ決済」、改札での速度差の秘密【鈴木淳也のPay Attention】-Impress Watch
https://www.watch.impress.co.jp/docs/series/suzukij/1316685.html
以前のオープンループ解説にもあるように、実際の改札通過にかかる体感時間はさまざまな要因によって決定される。 1つは「“タッチ”動作に入ってから実際に認識されるまでの時間」で、もう1つは「通過しようとして許可の判定が出るまでの時間」だ。

実は、このうち前者における“工夫”がSuicaの抱える最大の秘密であり、FeliCa全般への誤解といえる。

ほう?

次の図版は、非接触リーダーの中心部から「カードを認識できる」までの距離を示したものだ。 Suica(改札)の場合は最大85mm、一方のType-A/B(MIFARE)は最大40mmとなっている。 つまり、認識できる距離が両者で倍以上異なっている。
(中略)
Suicaの場合、Type-A/B(MIFARE)に比べて2倍の処理時間猶予があるうえに、処理そのものは200ミリ秒以内に完了する。 ケースにもよるが、たいていの場合は“タッチする前”には処理が完了してしまうだろう。 これが「Suicaの処理速度」の秘密だ。
(中略)
ここで注意したいのは、この仕様はあくまで「Suicaの改札システム」に由来するものであり、FeliCa自身が規定する仕様ではない点だ。 一歩改札を離れれば、85mmの認識距離だけでなく、200ミリ秒という処理時間も必須のものではない。 自販機や売店などで経験したことがあるかと思うが、Suicaのカード処理に1秒以上時間がかかり、その間しっかりとリーダーにカードを接触させていないと処理が完了しないというケースがある。 つまり、Suicaの反応速度というのは改札のみに適用される特別仕様ともいえる。

ふむー。 確かに Suica は改札だとものすごく反応がよくて、かなり離れた位置でもピッといけるけれど、レジのマルチリーダーとかだと他の非接触系と変わらない並の反応になる。 認識できる距離の違いと、ローカル処理かオンライン処理かの違いか。 これが体感時間の大きな差につながる、と。

非接触系がまだ普及してなかった時代にこの完成度で作られた Suica の改札システムってすげえな。

すいようび

ランチタイムにふと外を見て「きょうは洗濯日和だなぁ」と気づいたと同時に洗濯機を回し、ベランダに干すなど。 夕暮れ前にカラカラに乾いたので、サクッと取り込んだ。 在宅勤務ならでは。

仕事中のちょっとした待ち時間や休憩時間に『MYTREX REBIVE』で肩こり対策をするなど。 Web 会議中はミュートになってるかどうか要チェックだが、それ以外は気にする必要なし。 在宅勤務ならでは。

Xperia の新製品発表が 1 週間後に迫るなど。 Xperia 1 より新しい Xperia にはソニーモバイル純正アプリが搭載されなくなる一途をたどってるというのは記憶に新しいが、どうやらフォント変更機能も搭載されなくなったらしい。 条件次第でなぜか等幅フォントが選択されてしまうことがある、あの残念極まりない標準フォント固定なのだろうか。 ならば新製品発表までに標準フォントに慣れておこうかと (←何のため?)、手元の Xperia 1 を超久々に標準フォントの設定に変えて 3 日ほど経つが、等幅になってしまう一部のアプリや一部の Web サイトの文章がやっぱり本当にマジで読みづらい。 Xperia ならでは?

この記事へのコメント

Re: すいようび by b    2021/04/07 (水) 22:13
あら、もう買い替え?
Re: すいようび by ARAK@管理人     2021/04/07 (水) 22:20
洗濯機のことなら、とっくに買い替え時期は過ぎてる気がするね。
マッサージガンのことなら、買い替える予定はないよん。
Xperia のことなら、現仕様の標準フォントだとストレスたまるから、改善されない限り新しい Xperia に買い替えることはないとおもう。

drama ホリミヤ

先週火曜日の深夜が最終回だった。

メインキャラ 2 人のリア充話かと思ったら、サブキャラもリア充だらけ。 好きな雰囲気の作品だったな。 ハッピーエンドで良かった。

という感想は同クールに放送された同タイトルの深夜アニメに対しても同じだが、アニメのほうは 30 分枠の全 13 話で展開がしっかり楽しめたのに、この深夜ドラマのほうは 30 分枠の全 7 話しかなくて、特に最初の 1、2 話は展開の速さが凄まじかった。 もしドラマだけ観てたとしたら、話についていけなかったまである。

原作だとこの後がおもしろいという説があるので、続きの劇場版があるといいのかも。 その場合はアニメかな。

drama anime radio 2021 春クール視聴リスト

ドラマ

ドラゴン桜は第 1 シリーズの最終回を観たのが 2005 年 9 月だったのか。 15 年以上たっても変わらない阿部寛が観れると期待。

アニメ

今のところ新規視聴確定はこの 2 つだけだな。 そのほかも含めた視聴リストの完全版はあっちのブログにて。

ラジオ

2 年間聴いた FUN'S PROJECT LAB からはいったん卒業ということで。

日曜日はドラゴン桜が 21:00〜21:54、水瀬いのり MELODY FLAG が 22:00〜22:30、ネメシスが 22:30〜23:25 だから、3 番組続けてリアタイできるといいなあ。

この記事へのコメント

Re: 2021 春クール視聴リスト by b    2021/04/06 (火) 23:53
異世界魔王1期みてなかったか。
Re: 2021 春クール視聴リスト by ARAK@管理人     2021/04/06 (火) 23:58
あ、観てた気がする! w 2 期みなきゃ
Re: 2021 春クール視聴リスト by b    2021/04/07 (水) 03:38
見所としては、毎度のごとく、今回も多分レムが不幸になるところw