22 日遅れのバースデーケーキ −私が主役です−

安くてデカい苺のショートケーキがあると聞いて買ってきた。

[苺のショートケーキ]

誕生日当日にはショートケーキが手に入らなかったので今月中に食べれたのはよかったが、量はこの半分で充分だな w

movie 22 年目の告白 −私が殺人犯です− (地上波)

2017/06/10 (土) に公開された作品。 きょう地上波で放送されたのを観た。 地上波放送は 2 度目らしい。

時効を迎えた未解決事件の連続殺人犯だと名乗る男が告白本を出版するとか、あり得るけれど現実にはあってほしくないよなぁ、と映画館で予告映像を観たときに思った記憶がある。 いくら 22 年間見つけてもらえなかったからといって、わざわざ各方面を煽ってまわる犯人の思考回路はおかしい。

と思ったら、なるほどそういう展開かー。 まんまとミスリードに引っかかってしまった。 改めて考えてみると、二重人格を演じるのが得意そうな役者が揃ってたんだな〜。 既にこの作品のネタバレは時効な気がするが、初見の人には楽しんでほしいので、答えは伏せておこう。

disease 通院: 右目手術から約 3 ヶ月、再手術から約 2 ヶ月

きょうも 5 週間前と同じくサクサク診察完了。 経過良好で、前回 1 種類に減った点眼が今回で終了となった。 やったぜ。 ただし通院はまだ続く。

きょうは今までと違うルートで大学病院へ行ってみた。

  • 今までのルート: 徒歩 10 分 + 電車 5 分 + 乗換 5 分 + 川崎市バス 40 分 = 約 60 分
  • きょうのルート: 徒歩 30 分 + 小田急バス 20 分 = 約 50 分

きょうのルートは先月がっつり歩いてみたときの欄外に書いた「生田緑地を突っ切らずに山の西側を通るルート」に近く、タクシーで見たカーナビが選択したルートとほぼ同じ。 地図アプリや乗換案内アプリで検索すると 30 分も歩く前にバスか電車に乗るルートしか出ないので、こんな選択肢があることに気づくのが遅くなってしまった。

徒歩 30 分の区間は平坦のみで、坂道区間はすべてバスにお任せだから、往復このルートで全然 OK。 あと、川崎市バスのマニュアル車よりも小田急バスのオートマ車のほうが乗り心地いい w

この記事へのコメント

Re: 通院: 右目手術から約 3 ヶ月、再手術から約 2 ヶ月 by hdk    2022/01/27 (木) 23:26
古い都営バスなんかのトルコンATは2-1速あたりでガクガクして結構乗り心地悪かった記憶があるけど、小田急バスはATの導入が遅かったので最近の賢い電子制御トルコンATになっていて乗り心地いいよね :)
Re: 通院: 右目手術から約 3 ヶ月、再手術から約 2 ヶ月 by ARAK@管理人     2022/01/27 (木) 23:45
坂道にバス停がいくつもあるから MT より AT 向きだなぁとぼんやり思ってたけど、AT でも古いとガクガクなのね w
Re: 通院: 右目手術から約 3 ヶ月、再手術から約 2 ヶ月 by hdk    2022/01/28 (金) 23:27
懐かしの学内バスみたいに本当に古い世代のトルコンATだと乗り心地はいいけど、加速のエンジン音が高くてものすごく燃費悪そうだし、全然エンジンブレーキきかないからブレーキのたびにキィィィ! って音がしてたっけ。ガクガクはその後の2000年代ぐらいなんだろうねぇ、減速して1速に落ちるところで毎回ガクガク揺れるやつ... あれよりはMTがいいと思った。今のはいいよね、1速と2速の途中までトルコン滑ってて、2速の途中から上はロックアップで、減速も1速に落ちるのはヒューンって音でわかるけどスムーズで。

メイン PC を Windows 11 へ

午前中、通院までの待ち時間にふと気が向いて、メイン PC の Windows 11 へのアップグレードを実行した。 記録が残ってる範囲だと 10/23 (土) の再チャレンジ以来だが、あのあともう一度チャレンジしたような、してないような。 なので今回は 3 回目か 4 回目。

[Windows 11 へのアップグレード - Windows Update]

んー。 累積更新プログラムをはじめとする現時点で利用可能な更新プログラムをすべて適用してみても、外部ディスプレイに複製 (ミラーリング) で出力してるときの外部ディスプレイのフレームレートがやっぱり安定しないなぁ *1。 以前より多少マシになったような気がしなくもない程度。 Windows 10 では問題ないのに Windows 11 ではダメってことは、ソフトウェア的に何か原因があると思うんだけどな〜。

Windows 10 へのダウングレードの期限はアップグレードの 10 日後らしいので、おそらく 2/05 (土) までは悩めるはず。 どうしよっかな。 Windows Update 画面に表示されるおせっかいな Windows 11 アップグレード案内のせいで、Windows 10 を 21H2 にアップデートできないという説もあり (実際たぶんそう)、Windows Update 上で Windows 11 へのアップグレードが可能な状態を維持したまま Windows 10 を使い続けるのも若干面倒だったり。

 万能トラブルシューティング

Windows のアップグレードとダウングレードを繰り返してると、インストーラが正常動作しなくなってアップデートもアンインストールもできなくなったアプリが見つかることがある。 いろいろ試してみた結果、わりとどのパターンでも『プログラムのインストールとアンインストールのトラブルシューティング』を動かせば解決できることがわかった。 Windows Update で一部の更新がコケる場合も、これで解決できたりする。 このトラブルシューティングツールが具体的には何をやってるのかは謎。

手元の環境だと、AMD のドライバー、paint.net、WSL が変な状態に陥り、いずれもこのトラブルシューティングツールで解決した。 Windows をダウングレードした際に新しい情報が残る部分と以前の情報に戻る部分があって、ダウングレード時もしくはその後の再アップグレード時に何か不整合が起きるのではないかと思うけれど、発生条件は不明。


*1: 最近話題の「AMD 製 CPU で fTPM 機能を有効にしていると Windows の性能が一時的に低下する可能性がある」みたいな現象だったら耐えられないところだが、そこまでヒドくはない。 それに内蔵ディスプレイでは問題ないし、Windows 10 でも問題ない。

au PAY 10% 還元キャンペーンがもうすぐ

□ au PAY、2月1日からの10%還元 エントリーページ公開 スーパーや外食・PCショップなど対象 - Engadget 日本版
https://japanese.engadget.com/au-pay-015521367.html

キャンペーン期間は 2/01 (火) 〜 3/15 (火) とのことで、そこそこ長い。 少なくともこの期間は au PAY 決済を積極的に使ったほうがいいな。 au PAY アプリデザインのリニューアルも今のところサクサク動いてる感じだしね。

最近はおサイフマイルキャンペーン第 2 弾のために電子マネー決済を積極的に使ってて、これのキャンペーン期間が 12/16 (木) 〜 2/15 (火) だけれど、2 月に入ったら au PAY 決済メインがいいだろう。 au じぶん銀行から au PAY 残高へ合計 5,000 円以上のオートチャージで最大 5 万円プレゼントのキャンペーン期間が 1/18 (火) 〜 2/28 (月) というのもあるし、そもそもこのプレゼントが当たるかどうかにかかわらず au PAY の 10% 還元のほうが圧倒的に高還元率である。 おサイフマイルは 100 円で 1 マイルたまり、200 マイルで 40 円分の電子マネーやポイントに交換できるっていうやつだから、桁違い。

かようび

晴天でも寒いなぁ、なんて思ってたら、夜には少し雨がキタ。 雪ではなく、冷たい雨。

□ 自作できるノートPCの「Framework Laptop」はファームウェアまで自作可能 - GIGAZINE
https://gigazine.net/news/20220125-framework-laptop-firmware/

オープンソースになったEmbedded controller(EC)ファームウェアは「電源シーケンス」「キーボード&タッチパッドインターフェイス」「システム内LEDの制御」などPCの低レベルな機能の処理を担当しています。 このファームウェアはChromebookで利用されているchromium-ecをもとに開発されており、chromium-ecと同じ三条項BSDライセンスで公開されました。

ほう。 公式にファームウェアが自由にいじれるのはオモシロそうだが、なかなかリスキーだな w

この取り組みはソーシャルニュースサイトのHacker Newsでも話題になっており、エキスパートエンジニアが様々なコメントを残しています。 その中の一つによると、Lenovo Thinkpadなど一部のキーボードではデバウンスアルゴリズムに問題があり、素早く入力したときに文字の順番が入れ替わってしまうとのこと。 しかし今回オープンソース化されたECファームウェアでは適切なデバウンスアルゴリズムが利用されているとのことで、こうして内部の実装が正しいことを確認できるのは良いことだと述べられています。

エキスパートエンジニアは着眼点がマニアックだな〜 (誉め言葉)。 キーボードのデバウンスアルゴリズムなんて気にしたことなかった。

ところでバウンス (バウンシング) って、チャタリングとは別物だっけ? と思って調べてみたところ、似て非なる物だった。

□ スイッチの基礎知識:使用編 | オムロン電子部品サイト - Japan
https://components.omron.com/jp-ja/products/basic-knowledge/switches/applications

チャタリングとは、スイッチがオン状態にもかかわらず、外部振動などの影響により一時的に接点が開離し、オン/オフを繰り返し出力することをいいます。
バウンシングとは、スイッチの動作直後に接点の切り替わりによる衝撃で接点が跳ね、オン/オフを繰り返す現象です。

マウスのクリックが怪しくなると「チャタリング」と呼ぶことが多いが、キーボードは「バウンシング」なんだな。 へえー。

出社日

きょうから出社日の行き先が客先ではなく自社になった。 業務状況的に出社日をなくす (フル在宅勤務にする) のは難しいが、自社勤務にすればメンバーの大半の通勤距離が短くなり、少しでも市中感染のリスクを減らせるはず、とかなんとか上司が理由を言ってた気がする。 理由はさておき、個人的にも通勤時間は短いほうが嬉しい。

8 週間ぶりに行った自社周辺は、

  • クリーニング屋の跡地に建ったマンションの 1 階に、新しいクリーニング屋が開店してた。店名が相変わらずダジャレ系だから、たぶん同じ経営者だろう w
  • その隣は 2019 年 11 月に開店した居酒屋だが、閉店のお知らせが貼ってあった。 8 週間前は営業してたのに。 評判いいお店だったから、ランチだけでも行っておけばよかったなぁ……。

8 週間ぶりに会ったボスから「治った?」と眼を覗き込まれて、8 週間前が再手術の入退院から間もない頃だったことを思い出した。 ただでさえ時間の経つのが早い年末年始が、仕事納めも仕事始めも在宅勤務だったうえ帰省しなかったためメリハリなく駆け抜けていってしまい、再手術から 8 週間以上が経ったという実感がない。 そうか、ちょうど 2 ヶ月前の 11/24 に再手術を受けたのか。

ところで在宅勤務といえば ──

□ 「さいたま子ども短歌賞」日常にコロナ盛り込んだ作品多数|NHK 埼玉県のニュース
https://www3.nhk.or.jp/lnews/saitama/20220123/1100013310.html

ことしの応募作品は去年に続いて「テレワーク」や「マスク」などコロナを題材とした短歌が数多く見られ、入賞したさいたま市南区の小学5年生の前田汐莉さんの作品は「お父さんいつまで続くテレワーク私の部屋を返してほしい」と父親のテレワークによる影響をユニークな短歌にしました。

── 子ども目線だとこうなるんだなー。 テレワーク、もうちっとだけ続くんじゃ。