春のち冬の一週間

今週の防寒対策:

  • 3/07 (月): なし
  • 3/08 (火): なし
  • 3/09 (水): コート
  • 3/10 (木): ベスト + コート + マフラー
  • 3/11 (金): ベスト + コート + マフラー + 手袋

三寒四温というか、寒の戻りというか。

何はともあれ、今週の仕事は疲れた。 楽観的に考えてた箇所が、思った以上にヤバげ。

live music ゆいかおり LIVE「RAINBOW CANARY!!」〜Brightest Stage〜

日本武道館で開催された『ゆいかおり LIVE「RAINBOW CANARY!!」〜Brightest Stage〜』に参加してきた。 今回のライブは、正月に参加したツアーの横浜公演 1 日目の翌日に発表された追加公演。

座席は、南東スタンド 2 階席の X 列。 武道館の作り的には、最もステージから遠くて最も天井に近いのが 2 階席の最後列にある立ち見席で、その目の前にあるのが座席 X 列である。 さすがにステージが見づらそうなので、『Nikon ズーム双眼鏡 アキュロン T11』 (ズーム 8〜24 倍) を購入して持参するなど。 座席に行ってみると、想像してたよりは見える距離で、ズームが 8 倍未満にもできる双眼鏡か、あるいは単眼鏡のほうが使いやすいかもと思ったり思わなかったり。

開演を待ちながら、「正月のパシフィコ横浜より見やすそうだねー」などと B さんと話していたところ、足場の安全な最後列で踊りまくりたいという雰囲気の人が近づいてきて、私らの隣の人と座席交換の交渉を始めた。 すぐ近くであまり全力で踊られるとアレだな……などと考えながら様子を見守っていると、こっちにも話し掛けてきた。 「すみません、ここ 2 連番ですか? よろしければ、この連番のチケットと交換していただけませんか?」 見ると、2 階席 E 列のチケット。 断る理由が何もない。 即交渉成立!!

開演 5 分前に移動した先は、南西スタンド 2 階席の E 列。 アリーナ席後方や 1 階席後方よりもはるかに見やすいと思われる、ステージ寄りの 2 階席前方である。 ステージに近くてよく見えるし、かといって近すぎないのでステージ脇の巨大モニターはとても見やすいし、ステージまでの視界を遮る身長の人が前方にいない。 周りがグッズ T シャツ着用のコアなファンだらけなのと、双眼鏡の活躍の場がなくなったのが懸念だな! いや、むしろそのほうがいいけど!

そんなワケで、遠くからのんびり鑑賞しよう、喉が渇いたら途中で飲み物でも買いに行こう、という計画は急きょ取りやめて、周りのアツいファンと一緒に存分に楽しませてもらった。 途中 1 曲、ステージ上で炎を噴き上げまくる演出のときは、熱風を肌で感じる距離だった。 横浜公演と異なり、巨大モニターの映像遅延が気にならなかったのは高評価。 Blu-ray / DVD 収録用にクレーンカメラなどで本格的に撮影してたので、機材のレベルが違ったのかもしれない。

観客の拍手の強さ (デシベル) でふたりの勝敗を決める対決ゲームでは、4 連敗中? の小倉唯が今回も敗退。 特に今回負けたのは納得いかなかったらしく、「おこだぞ!」と頬を膨らませてた。 あの顔あざといな! ていうか、あの顔立ちで 20 歳とか反則じゃね? と改めて思った。

公演は 3 時間強。 6 年前のデビュー当時を振り返る MC で軽く涙あり、ダブルアンコールでインディーズ時代のデビュー曲『恋のオーバーテイク』の披露あり、と、ツアーを締めくくる初の武道館公演にふさわしい内容だった。 小倉唯と石原夏織ふたりとも、やりきった感のあるいい表情だったのが印象的。

□ ゆいかおり、自身初の武道館公演で魅せた!8,000人のファンの前で全21曲を熱唱 - 音楽ニュース
http://okmusic.jp/#!/news/116623

ひたすら寝た日

起きる気力がなくて、ぐんにょり。 明日から、がんばるぞい!

そうそう、きのうのライブのネタで書き忘れてたことを思い出した。 MC の最中、出演者の呼びかけに観客が応じる『コール & レスポンス』以外で、観客が勝手に声を上げる場面がある。 定番としては、

  • 衣装の説明に対する「回って!」
  • 水を飲んだときの「お水おいしい?」
  • 感極まって喋りづらくなったときの「がんばって!」
  • 「次の曲がラストです!」に対する「えー!」 (オプションで「いま来たばっかり!」)

などがあるわけだが、きのう石原夏織がグッズ T シャツのデザインを説明してる最中の声には笑った。 夏織の『K』の文字をあしらったダイヤモンドを描きたかったという発言に対して、観客のひとりがタイミングよく「俺も!」と。 んなわけないだろ w よく通る声だったので、しばらく会場がざわついた。

あと、終演後の観客主導の三本締めは、ほぼ定着した感がある。 きのうも、ダブルアンコール終了後に三本締めが始まると場内 BGM の音量が絞られて、三本締めが終わってから「以上をもちまして、本日の公演はすべて終了となります」という場内アナウンスが。 客席の三本締めが出演者まで聞こえてるんだとすると、嬉しいだろうなあ。

Magica

「この食器用洗剤を買ったら、『まどか☆マギカ』のネタを披露するんだ……」。 そんなふうに考えていた時期が私にもありました。

[CHARMY Magica (チャーミー マジカ)]

パッケージに読み方が「マジカ」とはっきり書いてありました。 マギカじゃないらしい。 マジか。

この記事へのコメント

Re: Magica by b    2016/03/15 (火) 22:11
エイプリルフールねたかとおもたら、マダデシタネ
Re: Magica by ARAK@管理人     2016/03/15 (火) 22:30
マジか

健康診断の結果

今年の結果が出た。

去年医師の指示を受けて減酒し始めて以来、平日に家で飲んでないので、肝機能の判定内容の改善が期待されたわけだが、判定自体は変わらず“要受診”。 γ-GTP の数値が 3 年前 (平日に家で飲んでなかった頃) の水準に戻ってるため、減酒の効果は認められるものの、正常値にはまだまだ届かない、と。 血圧のほうは、改善が確認できた。

んーむ。 次は医師に何て言われるのやら……。 たぶん 6 年前くらいの数値まで戻せれば OK なのだけれど、あの頃はどんな生活してたっけなー。

この記事へのコメント

Re: 健康診断の結果 by b    2016/03/15 (火) 23:40
どうやら,残業でぐったりしていて,今と変わってないように・・・
そして,食生活はビックアメリカなハンバーガーを食べいていた模様。
毎日マクドナルドはいかがでしょうか?w
Re: 健康診断の結果 by ARAK@管理人     2016/03/15 (火) 23:57
食生活を戻したら血圧がまた悪化するだけw
気にしてるのはもちろん酒生活についてですよ
Re: 健康診断の結果 by b    2016/03/16 (水) 21:55
酒と水を交互に飲む作戦かね〜、やはり。ハイボールだとやりやすい

道路工事

先月の水道管取替工事の際に、家の前を含む付近一帯の歩道の真ん中が 75cm くらいの幅で掘り返されたあと、再びアスファルトで固められたため、歩道が見た目的にも路面凹凸的にもイケてない状態に。

このままの状態で放置されるのかと思ってたら、今週『水道配水管布設替工事後の路面復旧工事』なるものが始まった。 歩道も車道も、改めて舗装しなおすようだ。

掘ったり埋めたり、砕いたり固めたりと、もう少し効率的に工事できないのかと思いたくなる手順だが、きっといろいろ事情があるのだろう。 結果として、以前よりもキレイな路面になるので、近隣住人としてはありがたい (深夜帯の工事の騒音以外は)。

道路工事 続報

路面復旧工事の前後の境目をパシャリ。

[路面復旧工事の前後の境目]

朝の時点ではこんな箇所の残ってた歩道が、夜には写真手前側のように再舗装されてキレイになってた。 あとは、歩道はおそらく砂埃を掃除する程度で完了、同じように全面再舗装された車道は白線を描き直せば完了だろう。

きのうも書いたけれど、以前よりもキレイな路面になるので、近隣住人としてはありがたい (深夜帯の工事の騒音以外は)。 工事で道路をほじくり返して埋めて、ボコボコになったやつをそのまま何か月も放置なんていう自治体じゃなくて良かった。

道路工事 続々報

きのうの予想通り、車道のラインが描き直されて完了した様子で、工事関連の看板や機材などが撤去されてた。

[路面復旧工事後の横断歩道]

雨で路面がてかってるのは別として、白線も中央線も真新しい。

movie 僕だけがいない街

きょう公開。 109 シネマズ二子玉川で観てきた。

主人公の周辺で誰かの命に (間接的に) 関わる不都合が起きると、その不都合の少し前くらいまで時間が巻き戻る『リバイバル』という現象が起きる、という設定の作品。 いま放送中の同名のテレビアニメと基本は同じストーリーで、120 分の作品にうまくまとめてあるなと。 劇場実写版で説明不足の部分は、テレビアニメ版で補えそう。

結末については、テレビアニメ版はまだ最終回を迎えてないので、同じ展開になるのかどうか分からない。 分からないが、とりあえずこの劇場版の結末は解せない。 みんなが救われてハッピーエンド、でいい気がするんだけどなあ。 テレビアニメ版を観終わってから、原作がどうなってるのかチェックしてみるか。

あとは、『リバイバル』の発動条件が、アニメ版以上に曖昧な設定になってる気がしたりしなかったり。 加代ちゃんの声や喋り方は、実写版の子役とアニメ版の悠木碧が結構似てる気がした。

 ポイント会員感謝の日

109 シネマズは、毎月 19 日は『ポイント会員感謝の日』。 通常料金 1,800 円、ムビチケ料金 1,400 円のところ、1,100 円で観られる。 オンラインのチケット販売開始時刻にきっちり購入して、観に行ったのであった。

料金・割引サービスの一覧表を見ると、エグゼクティブシートは通常料金 (1,800 円) のように読めたので、今回は 1,100 円で済ませるために一般席を予約した。 しかし、考えてみれば普段ムビチケ料金でエグゼクティブシートを確保してるよなということで、改めて予約画面に表示される選択肢を確認した結果、どうやらエグゼクティブシートにも 1,100 円が適用可能な様子。 今後また 19 日に 109 シネマズに行く機会があれば、そのときはエグゼクティブシートを選んでみよう。 たとえば今年 8/19 (金) 公開の『ゴーストバスターズ』なんかが対象になり得るが、平日だな……。

event プチミレ・春のパン祭り (昼の部 & 夜の部)

舞浜アンフィシアターで開催された「『碧と彩奈のラ・プチミレディオ』放送 3 周年記念トークイベント プチミレ・春のパン祭り」の、昼の部と夜の部の両方に参加してきた。 もともと、昼と夜のどちらか片方に参加するつもりだったのだけれど、 animeloLIVE! の先行抽選で第 1 希望・第 2 希望のつもりで申し込んだやつが両方当選して、せっかくだし行くか、と。

メインの出演者は悠木碧と竹達彩奈のふたりのみで、司会者なし。 舞台演出自体とくに凝ったりしてなくて、舞浜アンフィシアターの装置としては昇降台を使った程度っぽいが、円形のステージなのでどこの座席からでも観やすかったんじゃないかと思う。 とはいえ距離はあるので、双眼鏡を持って行くべきだったか。

トークは基本ふたりとも完全にフリーダムでぐだぐだで、収録されないのをいいことに、NG ワードなんて気にせず喋り放題。 トーク内容は昼と夜でほぼ別物だったので、両方に参加して正解だった。 この心地よいぐだぐだっぷりは、竹達彩奈 誕生日イベント 『Ayachi Brithday 2015 あやテレ』を思い出すレベル。

そのほか、昼の部では、ステージに用意されたパンをふたりがフリーダムに食べる姿が見られた。 夜の部では、バースデーケーキ登場のサプライズで悠木碧が素で驚いてる様子が見られた。 新曲披露もあり、新曲のミュージックビデオに出演してるたかはし智秋のコメント動画は昼夜異なる内容だった (どちらも御参パイ可能)。 前半だけ紹介されたミュージックビデオの続きが気になる w

この新曲が、来期のテレビアニメ『パンで Peace!』のオープニングテーマになるとのことで、パンつながりで『プチミレ・春のパン祭り』というタイトルにしたらしい。 某『ヤマザキ 春のパンまつり』を連想させる皿やマグカップなどのグッズもいろいろあり、シールを集めることなくお金を払えば即購入できる親切対応! ちなみに今回のパンフレットはグッズ扱いじゃなくて、入場者全員に配布された。 レア度高いな、このパンフ。

ライブ 4 曲とトークで計 2 時間のイベントを昼夜 2 連続。 プチミレをたっぷり堪能できた一日だった。 満足!

この記事へのコメント

Re: プチミレ・春のパン祭り (昼の部 & 夜の部) by b    2016/03/21 (月) 12:59
耳たぶ噛るのと、チアキング良かった。PVとメイキングもみたい。
Re: プチミレ・春のパン祭り (昼の部 & 夜の部) by ARAK@管理人 (モバイル)     2016/03/21 (月) 13:44
そだね、チアキングのメイキングも気になるね〜